ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

まちこさんの個展開催に関する配置、トランジットの木星など

f:id:nekochan_pion:20190205131223j:plain

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

岐阜の紅茶のお店「アンノンティーハウス」で開催していた、まちこさんの個展が先週末で無事に終了しました。ホロスコープではどんな配置だったのか、解説してみました。

作品や店内の写真などは、まちこさんのブログを御覧ください。

ameblo.jp

 

 

個展の開催に関係する配置

開始日=山羊座の新月、その新月は11ハウス

f:id:nekochan_pion:20190205115651p:plain


これはまちこさんの出生図と、個展スタートの日(1/6)の二重円です。
この日は新月であり、この出生図においては11ハウスにあります。

11ハウスは友人や未来などを表すハウスです。
ここでの「友人」は、山羊座キャラクターなので外部に業務を委託している人(事務をお願いしている生田さん)とか、実質的なアドバイスをする人です。このお店のオーナーとみなすこともできます。


この新月は太陽とトラインです。結果から言えば、太陽=人生目的に直結する活動を促進、加速させました。


トランジットの木星が10ハウスを通過

トランジット(現在の空の配置)の木星は射手座にあり、まちこさん個人にとっては10ハウスにあります。この時期はキャリアの上で発展するチャンスと言えます。

トランジットの木星は偶然のラッキーです。
前々から狙って全て自力で積み上げたというよりは、誰かの助けや保護の元で、たまたまそういう運びになった、話が大きく膨らんだというようなケースが多いです。

トランジットの木星の有効期間は最大でも約1年です。木星が次のハウスに移ると、今まで木星がいたハウスは基本的に元通りになります。木星があった時のような状態を維持するには、継続的な努力が必要になります。天体が通過した後も影響を残すのは、土星以降くらいの速度で進む天体だと思います。

トランジットの木星が通過中のハウスは、ゲームで言う「イージーモード」状態です。その時だけ難易度が低いので、サクサク進めます。しかしそれは永遠に続くわけではなく、あくまで一過性です。そこを分かった上で、上手に活用できるといいと思います。


トランジットの木星が出生図の太陽とスクエア

射手座の木星はまちこさんの太陽などの乙女座グループの天体とスクエアです。
いきなり開催が決まり、大急ぎで準備していました。いい意味でまちこさんの予想を裏切る形でどんどん絵が売れていくので、開催期間中も制作をしていました。

土(乙女座)に対する火(射手座)のスクエアは、整然とした几帳面にまとまった状態を、大雑把にとっ散らかす様子です。乙女座は正確さにこだわりたい。しかし射手座はちまちました細かい事が苦手で、もっと大枠とか本質的なことを見ていて、臨機応変に適当にと求める。10ハウス、射手座の木星が、個展の開催を快諾してくれたお店のオーナーのようにも見えてきます。



他に射手座の木星のスクエアで思い当たることは「交通費の出費が多かった」ということでしょうか。射手座は移動、スクエアの木星は増え過ぎる。

個展の期間が長く、まちこさんは名古屋→岐阜のお店まで何度も通っていました。しかし、お陰で多くの人に会えたので結果オーライだと思います。トランジットの木星はスクエアであっても、そこまで大事にはなりません。


火星、火星、冥王星のTスクエア

f:id:nekochan_pion:20190205141421p:plain

これは出生図の火星とトランジットの火星が正確なスクエアになった2/1の配置です。

火星と冥王星の組み合わせは、最も強い攻撃力です。気合が入りすぎている火星。
まちこさんの場合は、出生図の火星とトランジットの冥王星が3度以内のオポジションになってきた1/25に発熱して、次の日は一日寝込んでいました。

しかし、その回復後から「スッキリしてきた」と言ってテンション爆上がりで、歌いながら絵を描きまくっていました。


 


まちこさんの火星は6ハウスなので、そこがトランジットに刺激され、健康面で「熱が出た」という出方でした。その後は6ハウス=実務作業に切り替わり、火星が表すように集中的に取り組みました。火星の熱を創作に昇華したわけです。

メガネ破壊と、フリーザ編のドラゴンボールの動画も火星・冥王星です。

 

以上です。
そう言えば、昨年末にしていた「射手座の木星についてのインタビュー」のまとめの続きが、まだ全然できていませんでした。早くやらねば。

 

おまけ

Twitterの投稿から

 僕が1分で描いたクリです。