ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

9/25(火) 満月「脇道の近道ルートを開拓する」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

今日のホロスコープを
・チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
・ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)
で読み解いていきます。

こうやって書いてます
ホロスコープアートの受付を締め切りました

 

 

ホロスコープの要約

正規のルートがありますが、
そのお固い古いやり方や考え方に反発しています。
その基準ではNGとされても、
それはごく一面的な評価に過ぎません。
視点を変えれば、細い脇道の方が価値があり、
未来には本流になっているかもしれません。
頭を使って工夫して、
脇道の近道ルートを開拓する満月です。


チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。 

 

f:id:nekochan_pion:20180925101245j:plain


着いた先は、大きな宗派の総本山的な
寺院の建物があります。
大きな石垣を上がり、駐車場に着きました。
 
迎えに来てたお坊さんは、ニコニコした若者。
お坊さんに案内されて建物まで行きますが
すごく大きな施設のため、駐車場だけでも広く、
入り口の扉までかなりの距離があります。
 
お坊さんは遠くにある扉を案内しようとしていますが
私達は石垣沿いに見えた小さな階段を上りたい。
 
お坊さんの案内を無視して、
階段を登り近道をしました。

来客を案内する「正しいルートの扉」を無視して、
近道ルート。

 
近道ルートだと、
お寺にとって見られたくないものもあります。

掃除しているところ、ご飯、バタバタ仕事をしている、
旅館の裏側をみせられるような感じ。
 
「そっちから行くと迷子になっちゃうよ」と言われました。
そんなことはどうでもよく、
正規のルートで行きたくありません。
仰々しくお出迎えされて、
権威の象徴に会いに行くつもりはまったくない。
その建物にちょっと遊びにきただけです。

 
  

ホロスコープの解説(by 竹内俊二) 

・天体の度数は数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で表示しています。
・まちこさんのチャネリングの物語文の引用部分は青色です。
  

f:id:nekochan_pion:20180923082734j:plain


11:52頃に牡羊座で満月です。
9/23に秋分点(天秤座の入口)を太陽が通過しました。
秋分は1年のサイクルのうちでは秋の収穫のはじまりで、
春には何の種だか分からなかったものも、
誰の目にも明らかな個性を持つ実になります。
姿を鏡に映してチェックするみたいに、
客観的な人からの目線を意識する時です。
 
 
秋分点近くの太陽が山羊座の土星とスクエアで、
そこに月が加わったTスクエアの満月です。
秋分は世間にお目見えする時ですが、
この土星は余分なものを減らし、
実用性や成果を重視します。
収穫した作物を全部出荷するのではなく、
ブランド◯◯の基準を満たしているか
厳正にチェックする。
 

個人的な話ですが、
昨日は1日中怒涛の大掃除をしていました。
何となく身の回りにあった「私ではないもの」を
徹底的にふるい落とすことで、
結果的に「私」の軸が浮き彫りになります。
関わるべき人や担うべき役割が明確になり、
その関係性によって今後の方向性が絞られていきます。
 
 
太陽は水瓶座の火星とトライン、
牡牛座の天王星とクィンカンクスです。
山羊座の土星と対象的。
正規ルートは時間もプレッシャーもかかるので、
それを回避する脇道ルートを検討する。
真面目に正規ルートを試した結果、
その回りくどい無駄が見えてきて、
だったらこっちの方が良いと分かる。
 
 

物語文の中の山羊座の土星が象徴するものは
「総本山的な寺院の建物」
「お坊さんの案内」「大きな石段」
「正しいルートの扉」です。

それに対して、水瓶座や天王星的なものは、
「石垣沿いに見えた小さな階段」
「近道ルート」
「仰々しくお出迎えされて、
 権威の象徴に会いに行くつもりはまったくない」
という部分です。



正規のルートがありますが、
そのお固い古いやり方や考え方に反発しています。
その基準ではNGとされても、
それはごく一面的な評価に過ぎません。
視点を変えれば、細い脇道の方が価値があり、
未来には本流になっているかもしれません。
頭を使って工夫して、
脇道の近道ルートを開拓する満月です。

 

お知らせ

占星術+チャネリングセッションのモニター受付を開始しました。

僕と、ホロスコープアートのまちこさん、お客様の3名で
zoomのグループ通話をしながら進めます。
事前にお選び頂いた天体をまちこさんがチャネリングして読み、
それを僕がホロスコープと照らし合わせて補足説明する
というモニターセッションです。20名限定。

 

次回の講座は「④土のサインにある天体」です

「④土のサインにある天体」
 9/26(水) 10:00〜15:00

※ 動画視聴による受講も可能です

マンツーマン講座について

もし、過去の講座を見逃してしまったという方は
割増料金になりますが、
マンツーマン講座もあります。