ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

9/10(月) 乙女座の新月「自分だけが分かる、イメージを信頼する」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

今日のホロスコープを
・チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
・ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)
で読み解いていきます。

こうやって書いてます
ホロスコープアートの受付を締め切りました

 

 

ホロスコープの要約

「これもダメ、あれも違う」と、
1つ1つ頭で考えて点検していたら迷子になります。
そうではなく、
見えないし、100%は人に証明できないけれど、
確実にそこに「ある」と感じられる何か。
例えば、イメージや香りのようなもの、
未知の予想を信頼することです。
バラバラのままの大量のピースを
1枚の絵として復元するために
それは大切な手掛かりです。

過去に失敗して諦めたこと。
その欠片もピースの中に含まれています。
元通りに修復して蘇らせます。


チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。 

 

f:id:nekochan_pion:20180910085752j:plain

スポットライトの下に、
高級ブランドの古い香水瓶があります。

その香水瓶を開けようとしていますが、
私は緊張しています。
 
なぜかというと、
その香水瓶は長い年月そこにあったので
どんな香りがするのか分からないドキドキ感。
香りを纏う私はどんな風になってしまうんだろう、
という未知の予想。

 
香水瓶の蓋には、
ルネ・ラリックのアール・ヌーヴォーの
時代を思わせるような

植物の装飾がついています。

 
瓶のフタを開けてみました。
レトロな時代の紫、
現代のチープなファストファッションと
対比するような職人魂。

物を作っている人の誇りや、
背筋が伸びて凛とした女性の顔
そんなイメージが香水瓶から浮かびます。
 
激動の時代を生きていた先人からのメッセージ。


  

ホロスコープの解説(by 竹内俊二) 

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。
・まちこさんのチャネリングの物語文の引用は青色です。
  

f:id:nekochan_pion:20180909190812j:plain

 

9/10の深夜3:01に乙女座の17°00′で新月です。
サインの真ん中を過ぎた後の乙女座には
解放感があります。
都会で部屋に閉じこもっていた潔癖症の子供
(=ステレオタイプな行き過ぎた乙女座)が
大自然の田舎に行くみたいな感じです。

ごちゃごちゃした「外」の広い世界は
粗雑で、汚れているように見える。
しかし、そこは生命力の宝庫で、
小さく閉じこもっていた私は、
全体性を取り戻すきっかけを得ます。



新月の度数のサビアンシンボルは
「ウィジャ盤」です。

とは言え、乙女座なので
完全に未知の世界に移行するわけではなく、
何らかのツールや手段を使って
双方の橋渡しをします。



新月と海王星がオポジションです。

まだ全貌が見えていない、
しかし、薄っすらと何かを予感している。
その、雲をつかむような感覚が
大切な手掛かりとなってスタートを切ります。

物語文で言うと
海王星「高級ブランドの古い香水瓶」です。

「どんな香りがするのか分からないドキドキ感。」
「香りを纏う私はどんな風になってしまうんだろう、

 という未知の予想。」

見えない、形のないものに飛び込むこと。
それは頭で考えても分からないので
ドキドキ緊張しますが
しかし、それはスタートの手掛かりです。



新月と冥王星がトラインです。
冥王星のトラインは根本的な修復や再生です。
過去に失敗したり、壊れてしまったものを
再び蘇らせ、活性化させる形です。

そこに蠍座の木星が加わり小三角を作ります。
心の絆など、心理的な部分での応援や団結力です。
この形は被災地の復旧作業の光景が重なります。

全部で10個の天体のうち
7つが「土」、3つが「水」です。
大量の素材を集めてまとめる。
新月のある乙女座は柔軟サインなので、
現実的で細かな調整や編集です。
凸凹や偏りをきれいに均す。
 


蠍座に入った直後の金星と
天王星、火星がTスクエアです。
金星を美意識と見れば、
ありきたりな固定観念を覆すような、
非常にビビッドなセンスや芸術的表現。

金星を対人関係と見れば、
超個性的な人物との突然の関わりです。
離れた距離や時間の壁を飛び越えて、
いきなり直通電話がつながってしまうような、
インパクトある対話、交流です。



物語文では、
「ルネ・ラリックのアール・ヌーヴォーの
 時代を思わせるような植物の装飾」

「現代のチープなファストファッションと対比するような職人魂。
 物を作っている人の誇りや、
 背筋が伸びて凛とした女性の顔」
という部分がこの配置に当てはまります。

天王星は土星に抵抗します。
時と共に古びていかない、
普遍的に残るもの。
牡牛座の天王星、金星なので
芸術性とか職人魂です。
火星と天王星のスクエアがそこに絡むので、
表現の出し方がキリッと尖っています。
驚かすことを狙っているみたいです。

明日になると、火星は水瓶座に入り、
月も天秤座に移動するので、
唐突さや予想外を伴って、
「外に向かって一気に開け放つ」
という動きになります。


ホロスコープの要約

「これもダメ、あれも違う」と、
1つ1つ頭で考えて点検していたら迷子になります。
そうではなく、
見えないし、100%は人に証明できないけれど、
確実にそこに「ある」と感じられる何か。
例えば、イメージや香りのようなもの、
未知の予想を信頼することです。
バラバラのままの大量のピースを
1枚の絵として復元するために
それは大切な手掛かりです。

過去に失敗して諦めたこと。
その欠片もピースの中に含まれています。
元通りに修復して蘇らせます。

 

お知らせ

次回の講座は 9/12(水)です

「③火のサインにある天体」
 9/12(水) 10:00〜15:00
※ 動画視聴による受講も可能です

マンツーマン講座について

もし、過去の講座を見逃してしまったという方は
割増料金になりますが、
マンツーマン講座もあります。