ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

8/16(木) のホロスコープ「柵の外にも広がっている世界」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

今日のホロスコープを
・チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
・ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)
で読み解いていきます。

毎日こうやって書いてます
ホロスコープアートの受付を締め切りました

 

 

要約

人の目に自分がどう映るのかを意識して、
一方的ではない主張の仕方を工夫します。
夕方以降は、一般向けではなく相手と場所を限定して、
自分独自の個性的な部分に注目したり、させたりします。
狭い枠を越えるやり方は驚きで、
まだ未来先取り的ですが、
徐々に新しい常識になっていきます。


チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。 

8月はオーダーをお待ちの方の制作に集中するため、
右手で描かずに「左手の指で描く色遊び」をします。
詳細はこちらのブログ記事をどうぞ。
あるいは右手の簡易版の絵です。

f:id:nekochan_pion:20180816075120j:plain
北海道みたいな広くて霧がかかった野原に
小さな川が流れていて、
自分は小舟に乗っています。
 
遠くに一本のりんごの木があり、
一匹のキタキツネが野原にいます。
暑かった日々が落ち着いた様子で
私はほっとしています。
 
ところが場面が進むと
りんごの木から離れた後ろには、
黒い柵が見えてきました。
 
私が見ている世界は
誰かの私有地の中でした。
 
自分が見ている世界というのは
ものすごく狭かった、というイメージです。

 

 

ホロスコープの解説(by 竹内俊二)

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。
・まちこさんのチャネリングの物語文の引用は青色です。

f:id:nekochan_pion:20180815214941j:plain

月は天秤座にあって、
午前中は獅子座の太陽とセクスタイルです。
人の目に自分がどう映るのか、
どう受け取られるのかを意識して、
主張の仕方や表現を工夫します。
なので主観的、一方的になりにくく、
熱意はスムーズに伝わります。

正午頃から月と山羊座の火星がスクエアです。
個々に自由に動いていた人たちが
何かの合図で、
急にテキパキと規律ある動きに変わります。



18時頃に月は蠍座に入り、
牡牛座の天王星とオポジション、
山羊座の土星とセクスタイル。
この配置が物語文の光景です。
山羊座の土星が「黒い柵」で、
牡牛座の天王星が
「北海道みたいな野原」「私有地」です。

北海道にキタキツネがいても驚きませんが、
東京都内の私有地にいたら驚きます。
普通はできないと思われていることを
できるようにするための独自の発想や仕組み。
それを強く打ち出します。
ただ、月は蠍座にあるので、
ある範囲内だけの限定公開です。

狭い、古い、固い考え方を、
ひっくり返すような刺激があります。
それはまだ未来先取りですが、
常識になりつつあるものです。




人の目に自分がどう映るのかを意識して、
一方的ではない主張の仕方を工夫します。
夕方以降は、一般向けではなく相手と場所を限定して
独自の個性的な部分に注目したり、させたりします。
それは、常識という柵を越えて
広い世界に行くための手段であり、
未来を先取りする隠し通路です。


おまけ

Twitter