ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

8/13(月) のホロスコープ「あちらの世界に思いを馳せ、休息して、今に集中する」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

今日のホロスコープを
・チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
・ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)
で読み解いていきます。

毎日こうやって書いてます
ホロスコープアートの受付を締め切りました

 

 

要約

「未来」の予定を前倒しで
先行投資しまくって果敢に攻めてきたのですが、
今後約1ヶ月くらいは
「今」の、現場の実質的な運用に
再び集中する流れになります。

休憩・リラックスの日です。
メガネを外したぼんやりの視野で、
はじめて見えてくる全体像、真実があります。
それが力づけとなって、
精神的なジャンプ力を生みます。


チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。 

8月はオーダーをお待ちの方の制作に集中するため、
右手で描かずに「左手の指で描く色遊び」をします。
詳細はこちらのブログ記事をどうぞ。
あるいは右手の簡易版の絵です。


f:id:nekochan_pion:20180813063152j:plain 
白いキラキラした蝶にのって、白い星に向かいます。
白い蝶はキラキラとした儚い光の粒子を出して飛んでいます。
星に向かう理由は、
自分の心の故郷とか、ルーツとか、
元々地球には大切なこと、役割をしに来たが、
それはなんだっけ、ということを
もう一度思い出すために星へ向かいます。
 
星の表面にたくさんのあちらの世界に旅立った人たちが、
ぼんやりと浮かんでいて、
おじいちゃんおばあちゃんとか、
みんな優しい顔で、
こちらを見ている。
そういう絵が浮かびます。
 
ちょっと心の中に、
空白の時間を作って、
自分が元居たあちらの世界や
そういう先祖たちを思い出しながら、
また、休憩して、
こちらの世界でがんばりましょう。

 

 

ホロスコープの解説(by 竹内俊二)

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。
・まちこさんのチャネリングの物語文の引用は青色です。

f:id:nekochan_pion:20180812210539j:plain

逆行中の火星が
今日から水瓶座→山羊座に戻ります。
火星の燃える性質、
積極性や行動力の矛先が変わります。
「未来」の予定を前倒しするような感覚で、
外へ、先へ果敢に攻めてきたのですが、
現場とか手元の、より実質的な「今」部分での
テコ入れになります。

外の世界、違う山々を見てきた経験や知恵を
自分の山へ持ち帰って、
活かすために奮闘します。

この流れは火星が再び水瓶座に入る
9/11頃まで続きます。



月は乙女座にあり、
昼過ぎからは海王星とオポジションになります。
蠍座の木星がセクスタイル。
海王星
は「今、ここ」には存在しないもの
夢、想像力、霊的、スピリチュアルなものなどです。
月はそこに盛んに向かっていく配置なので、
感じ方としては、ぼーっとしてリラックス、
半分夢の世界で眠いかもしれません。

そこに蠍座の木星が加わるので、
散らばっているものをぎゅっと集約します。
今日の絵の点描画みたいに、
1つ1つの点を凝視するのではなく
全体像を見渡すことで、
意味ある絵が浮かび上がります。

蠍座には死者という意味もあります。
日本では今はお盆の時期ですが、
帰省してご先祖さまに感謝する、
という配置に見えます。

物語文で言えば
「あちらに旅立った世界の人たち」です。



太陽は獅子座の中で最も強く働く21度で
サビアンシンボルは「中毒した鶏」です。
普段は飛べないはずの鶏が、
急に興奮して飛ぼうとする光景です。
精神的な意味での急激なジャンプです。

個人的な体験ですが
僕はプログレスの月がこの度数にあった時に
はじめてバイノーラルビートを使って
ビジョンを見ることができ、
大興奮しました。
魂は、肉体を越えて自由に飛べる。
疑わずにそう信じ切った時期です。

サビアンシンボルの「鶏」が、
今日の絵では「蝶」に変わったのだと思います。



「未来」の予定を前倒しで
先行投資しまくって果敢に攻めてきたのですが、
今後約1ヶ月くらいは
「今」の、現場の実質的な運用に
再び集中する流れになります。

休憩・リラックスの日です。
メガネを外したぼんやりの視野で、
はじめて見えてくる全体像、真実があります。
それが力づけとなって、
精神的なジャンプ力を生みます。

 

おまけ

Twitter