ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

【保存版】「ライオンズゲートが分からない」とFBでつぶやいたら、心優しい方々が嵐の如くコメントしてくれてスッキリした

f:id:nekochan_pion:20180809182710p:plain


こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

ここ数年、ずっと気になっていることがありました。
8/8近辺になると、ブログやFacebookなどで見かける言葉
「ライオンズゲート」についてです。
 
保存版の情報満載のFacebook投稿へのリンクと、
やり取りから僕が個人的に理解した内容を
備忘録としてまとめたものです。

 


その疑問を書いたら、
心優しく、真摯で、研究熱心な占星術つながりの方々が
Facebookのコメント欄に
ものすごい勢いで書き込んでくださいました。

分からないことを分かろうとする
皆様の熱意と好奇心。
感情論や決めつけではなく、
理論的に真相を解き明かしてゆく姿勢が、
本当に素晴らしくて
僕もその中に混じれていることが幸せでした。

きっかけのコメントは
芳垣宗久先生です。
貴重なお時間と知識を
本当にありがとうございました。

 

ライオンズゲートについての投稿と、保存版のコメント欄

以下はそのFacebookの投稿です。
リンク先のコメント欄をご覧ください。

Facebookアカウントが無い方は
見られないかもしれませんがご了承ください。

僕が勝手に編集してしまうと、
誰が何を言ったのかが分からなくなってしまうので、
そのまま残すのがよいと思ったからです。

 

 

竹内の備忘録、ライオンズゲートとは

以下は昨日のコメント欄のやり取りから
僕が理解したことを備忘録としてまとめたものです。

 
僕が知りたかったのは、
ライオンズゲートのスピリチュアル的な意味ではなく、
「天文的にどういう現象、位置関係になる時なのか」です。

「地球が銀河の中心となる」など、
完全に意味不明な表現(誤訳らしいです)だったので
ライオンズゲートそれ自体が怪しかったのです。

結論として
ライオンズゲートとは、
「シリウスのヒライアカルライジングの日」です。
(あるいはその前後の期間。)


シリウスのヒライアカルライジングとは

f:id:nekochan_pion:20180809175538p:plain

※Twitterの元の投稿画面を開き、
  その後に画面右下の矢印をクリックすると鮮明な動画が見られます。


この図は上記のFacebookのコメント欄にも貼り付けましたが、
これがシリウスのヒライアカルライジング近辺の図です。
(日本、2018年8月10日、午前4時頃)

ヒライアカルライジングとは、
「ある天体が太陽を伴って東の地平線から昇る現象」です。

例えば、東京などの北緯35度近辺の都市では、
8/6にシリウスがヒライアカルライジングになります。



シリウスのヒライアカルライジングの日付は、
都市の緯度によって異なるようです。
それが以下のサイトに書いてあります。



北緯37度の都市は
8/8にヒライアカルライジングになります。

だから、正確に言うなら
都市の緯度毎にライオンズゲートの日を
微調整したほうがいいですね。

この、シリウスとほぼ同時に太陽が昇る様子を
「◯◯が一直線に並ぶ」と表現しているのだと思われます。



「地球が銀河の中心となる」?

それでは、
「地球が銀河の中心となる」とは何なのか。
それが「シリウス」と「オリオンベルト」と
どう関係しているのか。

その3つの位置関係は常に変わりません。
地球からみた太陽の通り道を延長した黄道上の座標で
その3点を示すと以下のようになります。

シリウス:蟹座14度5分
オリオンベルト(真ん中のアルニラム):双子座23度28分
天の川銀河の中心の反対側:双子座26度

※天の川銀河の中心は射手座の26度にあります。
そのため、この下の図で言うと
こちら側というのか、反対側になります。

f:id:nekochan_pion:20180809181621p:plain




東京などの北緯35度近辺の都市では
8/6の朝、東の地平線から
1.最初にオリオンが昇り、
2.次に天の川銀河の中心の反対側のポイントが昇り、
3.次にシリウスと太陽が昇る。(シリウスのヒライアカルライジング)
ということになります。



シリウスのヒライアカルライジングの時期の太陽は
獅子座のサインを通過中の時期だから
「ライオン」ズゲートらしいです。

マヤ暦との関連については、
僕は詳しくないので分かりません。



以上です。

 

 

お知らせ

ねこでもわかる占星術講座|Zoom・名古屋

今週末に開催します。
なのに、まだ資料できてません。

8/11(土) 10:00〜15:00
8/29(水) 10:00〜15:00

2回目の内容は「サイン」についてです。
動画視聴による受講も可能です。