ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

8/2(木) のホロスコープ「自らが道標となって直進する」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

今日のホロスコープを
・チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
・ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)
で読み解いていきます。

毎日こうやって書いてます
ホロスコープアートの受付を再開しました

 

 

要約

集団の規律、特に心理的な意味での縛りに
息苦しさを感じて反発したくなるか、
あるいは、現状とズレている古いやり方に呆れます。
それなら自分で何とかした方が
手っ取り早いと感じます。
道標となる独自の判断基準があります。
はっきり意志表示して、
小さなことに捕まらずにスイスイ直進する日です。



チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。 

8月はオーダーをお待ちの方の制作に集中するため、
右手で描かずに「左手の指で描く色遊び」をします。
詳細はこちらのブログ記事をどうぞ。


f:id:nekochan_pion:20180802072925j:plain

間違えて僕が上下逆で写真を撮ってしまったのですが、
(サインが右上にあるのに気づかず)
それも何か意味があるかも、ということなので、
そのままにします。



深い海の中の灯台の麓にいます。
 
一人の人がその灯台の麓にいます。
その人はタンクトップと半パンの格好です。
そこの灯台でいつも番をしている人。
 
海の中の灯台という不思議な世界で、
あなたは一体何をしているのですか、
と聞いてみます。
 
そうしたら、深海魚っぽい怖めの顔の魚が
「ままごと的」と言っています。
 
なぜかというと、魚の海の世界では、
人間が真面目にやっていることが、
魚たちにとっては、おままごと感覚。
 
灯台は人間にとっては役に立つものですが、
魚たちにとっては、必要ないもの。
水中にいる人は、地上の人ではありません。
 
何か物珍しくて、
おままごとみたいな感じで灯台を作りました。
海の中の灯台は、実用的ではありません。



ホロスコープの解説(by 竹内俊二)

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。
・まちこさんのチャネリングの物語文の引用は青色です。

 

f:id:nekochan_pion:20180801204125j:plain


今日は火星と天王星が
ぴったりと正確なスクエアになります。

火星の度数は水瓶座の3度
「海軍からの脱走兵」です。
集団の規律、特に心理的な意味での縛りに
思い切り反発します。
日常の常識的な世界を斜めに見ています。
牡牛座の天王星が、その反発力を
いっそう尖ったものにします。

これが物語文では、
「おままごと感覚」という表現です。
地上の「灯台」を土星的な規律、
一般社会の常識的なルールだとすると、
それはちっとも面白くない
ぬるい、古い、その場限りでしか通用しない
押し付けがましい等と感じて、
イライラするか呆れます。



牡羊座の月と獅子座の太陽がトラインです。
火の元素同士の組み合わせなので、
自発的で能動的です。
自分の意志をはっきりと外に向けて示したい。
それと感情や実際のできごとが
スムーズに連動します。
小さなことにつかまらずに、直進します。

各自が自分の中に判断基準を持っているので、
いちいち上から指示されなくても
独立して自由に動くことができます。



集団の規律、特に心理的な意味での縛りに
息苦しさを感じて反発したくなるか、
あるいは、現状とズレている古いやり方に呆れます。
それなら自分で何とかした方が
手っ取り早いと感じます。
道標となる独自の判断基準があります。
はっきり意志表示して、
小さなことに捕まらずにスイスイ直進する日です。


おまけ

Twitter