ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

7/20(金) 上弦の半月のホロスコープ「自分のやり方とペースを守り、じっくりコツコツ準備する」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

7/20(金) 上弦の半月のホロスコープ

  • チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
  • ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)

で読み解いていきます。
毎日こうやって書いてます。

 

  

要約

じっくりコツコツ準備する中で、
次の達成地点の明るみが見えてきます。
肥沃な土壌で手に入る新種の素材と
匠の技を組み合わせることは
画期的なアイデアです。

しかし、世間一般にはまだ内緒です。
自分の最善のやり方やペースを乱されたくない、
また、目先の達成で終わらせずに
末永く続けて、遠くまで影響を届かせたいからです。



チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。

 

f:id:nekochan_pion:20180720072428j:plain 

 

半月の入口は眠れる森の美女にあるような、
黒いいばらの門を通っていきます。
先はいばらの森。
イメージの全体色が秋っぽくて
黒、ベージュ、ボルドーワイン。
 
いばらの森を進むと
ぶどう畑やワインを作る醸造所があります。
  
キーワード:熟成
 
人が立ち入らない所で、
ひっそりとワインを作り熟成させています。
いばらの森がいいカモフラージュになっています。
秋が来る頃にはいいワインができます。
 
働いている人は、ベレー帽がボルドー色のおじさん。
醸造所の中は暗くて涼しく、古い時計があります。
昔から伝わる樽とか機械。
 
外界、夏の風景は賑やかだけど、
喧騒から離れてじっくりコツコツ作り上げています。
醸造所の近くには、
綺麗な小川が流れていてそこは夏らしい。
綺麗な水があるから、ワインが作れます。


 

ホロスコープの解説(by 竹内俊二)

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。

f:id:nekochan_pion:20180719195930j:plain


日本では午前4:52に太陽と月がスクエアになります。
つまり上弦の半月です。
7/13の新月に太陽から意志や目的を受け取った月が、
7/28の次の満月の達成や完成形を意識して
ガクッとギヤチェンジをする時です。



午前中に月は蠍座に入り
その後、牡牛座の天王星とオポジション、
山羊座の土星とセクスタイルです。
(半月のホロスコープでオーブを広めにすれば
 月と天王星はオポジションになります。)

「ボルドーワイン」「醸造所」「熟成」などは
ここでは牡牛座と蠍座のオポジションです。
どちらも固定サインなので、
決めたことを変えずに
「じっくりコツコツ作り上げて」いきます。

牡牛座の天王星が上質な素材だとすると、
蠍座は隠れ家的な静かな環境で、
絆を強め、そして長い年月をかけて
凝縮し、元の形とは別物に生まれ変わらせます。


「カモフラージュ」「いばらの森」は天王星です。
天王星は身近な場所とか常識には
染まりたくない天体です。
バリヤでその影響を跳ね除けながら、
未来につながるものを遠くから取り入れます。

「おじいさん」「古い時計」
「昔から伝わる樽とか機械」
土星です。
天王星と土星はトライン
そこに月もレクタングルで連動します。

アナログと最先端、
あるいは、伝統と未来先取りの革新的なものを
うまく融合させていくことです。



半月のホロスコープの月は
天秤座の28度にあります。
サビアンシンボルは
「明るくなる影響の最中にいる男」です。

28度は次のサインへ向かう突破口を見つける度数ですが、
色んな人の意見につい耳を傾けてしまう天秤座から、
関わる人を減らして、固定して、
雑多なノイズに振り回されなくなる道筋を見つける
そういう度数です。



じっくりコツコツ準備する中で、
次の達成地点の明るみが見えてきます。
肥沃な土壌で手に入る新種の素材と
匠の技を組み合わせることは
画期的なアイデアです。

しかし、世間一般にはまだ内緒です。
自分の最善のやり方やペースを乱されたくない、
また、目先の達成で終わらせずに
末永く続けて、遠くまで影響を届かせたいからです。


おまけ

Twitter