ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

7/19(木)のホロスコープ「深海に潜り、原点を想起して、明るい外の世界へ向かう」

こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。

7/19(木) のホロスコープ

  • チャネリングの物語文と絵(Machikoさん担当)
  • ホロスコープの解説(竹内俊二 担当)

で読み解いていきます。
毎日こうやって書いてます。

 

  

要約

目の前の作業を一旦ストップして、
何かが生まれてスタートする前の
いちばん最初の状態へと遡ってみます。

真っ暗で、冷えた、
何もない深海の底で泡が集まり、
それは生命を持って生まれてきました。
その過程は奇跡に思えます。

その過程を思い起こすことが、
次に向かうヒントをくれます。
明るい外の世界に向けて、
独り立ちする気持ちが高まります。


チャネリングの物語文+絵(by Machikoさん)

今日のホロスコープを象徴的に表している
例え話としてお読みください。

 

f:id:nekochan_pion:20180719064902j:plain

 

海の場面に変わる前に
右にゴールドの蝶の大きな彫刻がありました。
あの世との境界線の目印のように思えます。
 
海の中の何もない深いところにいます。
水温が低く、水面は明るい。
自分が乗っている丸い球体は
海水の中を漂っていて、泡がたくさん見えます。
さらに暗い水のトンネルに
潮の流れで吸い寄せられ、
真珠くらいの大きさになりました。

 
水のトンネルを抜けると
深海魚のようなものが泳いでいて、
原始的な海になっています。
 
真珠は、命の最初の状態になったという例えです。
卵、生まれたばかりの生命、泡
 
原始の海は水温は低くて、深いから暗いのです。
水面の方は明るいから、
水面の方へ向かうことで、
ちゃんと人生を歩みます。


 

ホロスコープの解説(by 竹内俊二)

・サビアンシンボルの度数は
 全て数え度数で表記しています。
・アスペクトのオーブは3度で考えています。

f:id:nekochan_pion:20180719050355j:plain


月は天秤座の真ん中を過ぎて
海王星とクインカンクス、
冥王星とスクエアです。

物語文で言うと
「海の中」海王星
「あの世との境界線、原始的な海、
 真珠、命の最初の状態」
冥王星
です。

天秤座はものごとをはっきりとした輪郭で
捉えようとするサインです。
その天秤座にある月が
海王星冥王星と結びつくことで、
無限に、曖昧に広がる想像の世界や
時間軸として今ではないもの、
深淵、原点となる部分に
焦点があたります。

月は冥王星とスクエアなので、
突然に、未知の、規格外のものが
日常の意識を押しのけて割り込んできます。

警報アラームが鳴るみたいなイメージですが
この配置は毎月2回できあがるので、
そう極端に考えないでください。



太陽は蟹座の27度へ。
サビアンシンボルは「渓谷での嵐」です。
平和で協調的な蟹座の世界は
もう味わい尽くして飽きてきたので、
そこから独立、自立したい気持ちが高まります。
嵐にワクワクしてしまう子供の気持ちです。

月は獅子座の水星とセクスタイルです。
水星は、非日常の世界に飛んで戻ってくる時に
メッセージを携えてくる度数です。

これらは物語文で言うと
深海から「明るい水面の方へ向かう」部分です。



目の前の作業を一旦ストップして、
何かが生まれてスタートする前の
いちばん最初の状態へと遡ってみます。

真っ暗で、冷えた、
何もない深海の底で泡が集まり、
それは生命を持って生まれてきました。
その過程は奇跡に思えます。

その過程を思い起こすことが、
次に向かうヒントをくれます。
明るい外の世界に向けて、
独り立ちする気持ちが高まります。



おまけ

Twitter