ねこちゃんと占星術

ねこがちゃんと占星術しているブログ

バイノーラルビートを使って『中年の危機』の冥王星をイラストで描いてもらった

f:id:nekochan_pion:20180308184953j:plain



こんにちは。
占星術家の竹内俊二です。
久し振りの更新です。

長いタイトルですが、要するに
「こういうホロスコープの見方もあるんです」
という紹介です。

 

バイノーラルビートとは 

簡単に言えば、
脳波をとてもリラックスした状態(シータ波)に
誘導するための音源です。

イヤホンを耳に付けて
その音を聴きながら、
目を閉じて瞑想のような状態になります。
そして「このホロスコープの◯◯を見てきます」と
意図します。

すると、色々見えてきます。
不思議です。



2年くらい前に、
毎朝その日のホロスコープについて書いていた時も
バイノーラルビートを使っていました。
その時の記事です。



細かい手順や音源については、
こちらのKindle本で紹介されています。

 

過去に松村先生が
精神宇宙探索講座という講座をしていました。
そこでは、バイノーラルビートを使って
恒星をイメージの中で探索して
見てきたことをグループ毎でシェアし、
そして解説して頂くという内容でした。



バイノーラルビートの感じ方や見え方には
個人差があります。
視覚的な映像ではなく
音や体感覚で感じるタイプの人もいました。

「音源そのものが合いませんでした」
という人もいました。

また、イメージの中に深く入り過ぎてしまう人も
時々いるそうなので、
注意が必要かもしれません。
扱い方は自己責任でお願いします。


 

どんな方法か

昨日、見てくれたのは
僕の奥さんのまちこさんです。

2年前に僕がバイノーラルビートを使っているのを見て
まちこさんもやってみた結果、
異様に上手でした。



上記の講座などで
何人かのお話を伺ってみると、
映像はぼやっとしていたり、
断片的に見えることが多いようでした。
僕もだいたい同じです。

しかし、まちこさんは目を閉じた瞬間から
鮮明に映像(ビジョン)が見えるそうです。
そして映像は鮮明なまま最後まで
物語のように流れていきます。



でも意識はハッキリ目覚めている状態なので
ビジョンを見ているその中で
移動したり、
登場人物に質問したりできるようです。
とても楽しそうです。

ただ、一人でしていると寝てしまうので、
僕が近くで話を聴いて
簡単な受け答えをしながら、
パソコンでメモを取り続ける。
というやり方をしています。



つまり、こういう状態です。

f:id:nekochan_pion:20180308180041j:plain



電気を消した夜のリビングで
パソコンの薄明かりのみが浮かび上がる光景は、
かなり怪しいです。



『中年の危機』アスペクトとは

昨日は、まちこさんは
自分の出生図の水星の様子を
バイノーラルビートを使って見ました。
(それも面白かったので、
 また別の記事に書こうと思います。)

その次に、
「僕のホロスコープの何かを見てみたい」と
言われたので、
とっさに、いちばん気になっている
『中年の危機』をリクエストしました。



『中年の危機』のアスペクトとは、
30代の終盤から40代のはじめ頃に
誰でも必ずできあがる
3種類のアスペクトのことです。

出生図とトランジットの
同じトランスサタニアン同士のハードアスペクトです。


特に、この中の冥王星×冥王星の90度は
人生最大級の異変です。

お仕事上での大転換、離婚や結婚
家族や子ども関する諸問題、
震災、病気など。
色々な実例を見てきましたが、
一筋縄ではいかない
文字通りの「危機」状態になるケースが多いです。

しかし、同時にとてもドラマチックです。
どうしようもなく追い詰められた事によって
眠っていた底力が目覚める。
目覚めさせざるを得ない。

「窮すれば通ず」
という言葉が浮かびます。



ホロスコープでみると

f:id:nekochan_pion:20180308165447p:plain

「三重円」という表示になっています。
一番内側が出生図。
一番外側がトランジット(現在の配置)です。

見て欲しいのは、
◯印が付いている所です。

出生図の冥王星に対して、
トランジットの冥王星
かなり正確な90度のアスペクトを作っています。
これが『中年の危機』アスペクトです。

冥王星は動く速度がとても遅いので、
この形は2〜3年続きます。


冥王星の『中年の危機』のイラスト

バイノーラルビートを使って見えたビジョンを
まちこさんがスケッチブックに描いてくれました。

f:id:nekochan_pion:20180308184953j:plain



現在の状況

f:id:nekochan_pion:20180308202244j:plain


出生図の冥王星は、

  • マグマが固まったような星
  • 中は熱いマグマがどろどろにある。
  • 黒いサソリは、マグマの壁を破って外に出たい。
  • 外に出るには勢い(勇気?)がいる。



左上にトランジットの冥王星があります。

  • ライトセイバーみたいな光の鍼(はり)を出して
    刺激している。
  • 出生図の冥王星の壁を壊したい。
    悪い人ではない。



他に、口頭で話してくれたこと

  • サソリは外へ出たいのだけど、出られない。
  • 中の溶岩が外に出たら、
    元々持っていたものは、ぷしゅーっとしぼんでいく。
  • ここがなくなってもいいや、と思わないとダメ。
    しかし、それは一時的なもの。



冥王星蠍座の支配星なので、
それがそのまま表れていて面白いです。
キャラクター化されていると
冥王星ですら、可愛げが出てきます。


未来の状況

f:id:nekochan_pion:20180308203231j:plain

  • サソリが新しく復活して、ゴールド、
    水色の宝石(金属?)、貝のような
    材質でできた船のような乗り物の冥王星
    より頑丈で安全。


その他、口頭で話してくれたこと。

  • より頑丈で高貴な乗り物に変わる。
    だから心配ない。

僕の解釈

出生図の冥王星は7ハウスの入口=DSCにあります。
トランジットの冥王星は10ハウスにあります。

単純にハウスから考えると、
仕事上の立場や提供するサービス(10ハウス)
変化がきっかけとなって、
やってくるお客さんや
対人関係の在り方(7ハウス)
根本的に変化するのではないか、
と予想しています。



「ここがなくなってもいいや、と思わないとダメ」
これは、今のような
少人数向けの講座や個人セッションを
やり続けるだけでは
いずれ限界が来る。
そのやり方を、いつかは辞めないといけない。
そういう意味だと思います。

黒いサソリは、
肉体的・心理的な疲労かもしれません。

しかし、新しく復活した船は
豪華でいい感じですね。
希望が持てます。

頑丈で安全な「船」は
たくさんの人数が搭乗できる乗り物です。
多人数向けの講座か、
教材の販売だろうか。



DSCは、関わる人全般という意味の他に
パートナーや協力者という意味もあります。
ひょっとして「壁の外に出る」のは
まちこさんの事なのかもしれない。

まちこさんは、4月でお勤めを辞めます。
僕の仕事の事務を手伝いつつ、
自分のやりたいことに集中します。



今年〜来年くらいまでには、
この『中年の危機』アスペクトの意味が分かると思います。
(今年が最もタイトになるので。)
目立った動きがあったら
またブログに記録しようと思います。



おまけ

イラストの中にいたこれは「まんぼう君」です。
iPhoneのメッセージに手描きしていて、
自然発生的に生まれたキャラクターです。

f:id:nekochan_pion:20180308215813j:plain

 

お知らせ

出張個人セッション

①【大阪】3/10(土) 13:00〜16:00
②【東京】3/15(木) 16:00〜19:00
③【東京】4/13(金) 16:00〜19:00

各日程、1枠のみです。
Skypeよりも対面でお話したい方にオススメです。
僕もそのほうが楽しいです。

 

今後のグループ占星術講座(Skype・名古屋)

《3月》
11(日) …【初級7】ソーラーリターン
12(月) …【中級2】サビアンシンボル
21(水) …【中級1】相性
25(日) …【中級1】相性
27(火
) …【中級3】ハーモニクス
31(土) …【中級2】サビアンシンボル

 

今後のグループ占星術講座(六本木)

《3月》
14(水), 17(土) …【初級7】ソーラーリターン
15(木), 18(日) …【中級1】相性

 

ホロスコープ読み練習会「ねこ道場」(銀座・六本木)

ホロスコープ読みの練習をする会です。
本で調べてみてもよくわからない、
という疑問点を解決します。
読みたいホロスコープをご用意ください。

《3月》

16(金) 10:00〜15:00 銀座
17(土) 15:30〜18:00 
六本木
18(日) 15:30〜18:00 六本木

  

WEBサイト

個人セッションや講座のお知らせは
お問い合わせなどは以下のサイトをご覧ください。

宙の色は soranoiroha